不登校新聞

208号 2006/12/15

第8回 いじめに対しての「文部科学大臣の手紙」の無神経さ

2015年12月08日 15:54 by kito-shin


 11月17日付の文部科学大臣からの手紙が全国の子どもたちに、学校などを通じて配られた。「いじめ」が大騒ぎになっていることに対し、直接呼びかけたものらしい。「文部科学大臣からのお願い」は、「未来ある君たちへ」と呼びかける。ここから私はもうムッとする。なぜ多くの子どもが「いじめ」をするのか。なぜ子どもが自死したのか。それらをまじめに考えたら、子どもたちが「未来」を感じることができないからではないのか。そこで苦しむ子どもたちに平気で「未来ある君たち」と呼びかけるこの無神経さに、あぁ、もうダメだと、思った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...