不登校新聞

208号 2006/12/15

いじめ相談、大人が信用されない現状

2015年12月09日 13:28 by kito-shin
2015年12月09日 13:28 by kito-shin


 先日、浜松のフリースクールの子どもたちからいじめの現状を聞く機会がありました。話し合いには、私を含め親の会の人や、いじめを考える会、市会議員の方など関心を持ってる方が参加しました。
 
 話をしてくれた13人中、半数がいじめられた体験があり、具体的な話を聞けました。
 
 話のなかで、いじめられたとき「誰に相談するか?」という質問に対し、子どもたちは「先生も親も友だちもダメ、 結局は一人で解決するもんだから」というような答えでした。本当に、よく大人が信用されていないことがわかりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

626号 2024/5/15

編集後記

626号 2024/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…