不登校新聞

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

2015年12月09日 13:42 by kito-shin



 玄田有史『ニート』から三浦展『下流社会』まで、世間に流布する「ニート」・「フリーター」論、ひいては若者論に対する批判本である。 3部構成で、著者たちがそれぞれのパートを担当している。それぞれに違う立場・視点からの論考が、ズレたりかみあったりしながらのセッション、と言えばいいか。
 
 最初の本田の論考では、まず、日本で使われている「ニート」という概念が、じつは「就労を希望している」層と「希望していない」層をいっしょくたにしていること、実際増加しているのは前者であり、後者の数は10年間大きく変わってはいないことがデータとして示される。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...