不登校新聞

208号 2006/12/15

ひきこもりの男性、矯正施設で監禁致死「アイ・メンタルスクール」事件に判決

2015年12月09日 15:07 by kito-shin


 名古屋市の「引きこもり支援団体」NPO法人アイ・メンタルスクール(現在は解散)の施設内で入所男性が死亡した事件で、逮捕監禁致死罪に問われた元代表理事・杉浦昌子被告(50歳)に対し、名古屋地裁の伊東一広裁判長は7日、懲役4年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。共犯の二男・幸隆被告(24歳)には懲役2年6カ月、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 
 判決によると、死亡した男性は2003年から、他人との交流は避け、家庭内暴力はなかったが、物に当たることがたびたびあった。2006年2月ごろ、テレビ番組などでアイ・メンタルスクールを知った男性の母親と兄は、被告らに「自立支援」を依頼。2006年4月14日、午前4時45分ごろ、就寝中の男性に対し、数人で両手足に手錠をかけ拘束し、自動車に押し込んだまま約5時間かけて名古屋にある団体の寮に連行。男性の服装はパンツ一枚で、激しく抵抗したものとみられ、手足から出血が見られた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...