漫画「家栽の人」の原作者・毛利甚八さんから10月に新刊著書『「家栽の人」から君への遺言』をいただいた。この本で、毛利さんは昨年7月に末期がんで余命半年と告知されていたことを知り、驚いてすぐにお礼状を出した。

 毛利さんは病気を知ってまもなくの同月27日夜、佐世保の女子高生が同級生を殺害した事件のニュースを見て、翌8月に最高裁へ乗り込み、その少年を逆送せず、適切な調査と処遇を求める要望書を提出する有志に加わったことも「佐世保の君に贈る手紙」の章に書いている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。