不登校新聞

424号 2015/12/15

『ひきこもりの〈ゴール〉「就労」でもなく「対人関係」でもなく』 書評

2015年12月14日 11:47 by kito-shin



 ひきこもりに関する本をちょっと調べてみると、タイトルに「救出」「治る」「やり直せる」「マニュアル」といった言葉がくっついているものが何冊も引っ掛かります。本のタイトルを見るだけでも、ひきこもりが世間一般からどう見られているか、というのが手に取るようにわかります。
 
 「ひきこもりのゴール」と冠した本書も、それらと類似のものかと思いきや、「『就労』でもなく『対人関係』でもなく」とあり、ひきこもりを否定的に捉えるまなざしを真っ向から否定している、じつに興味深い一冊なんです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...