不登校新聞

207号 2006.12.1

【公開】メモ「タウンミーティング」

2015年12月14日 14:47 by 匿名
2015年12月14日 14:47 by 匿名

 タウンミーティングは、前小泉内閣時に「国民と対話を行ないながら、つねに国民の目線に立った政策をオープンに形成していく」という目的から始まり、これまでに174回、開催された。しかし、今年06年11月、行政側がタウンミーティングで発言する内容を参加者に依頼していた、発言者に謝礼金を支払うなどの問題が発覚した。今年9月に開かれた八戸教育改革タウンミーティングでは、参加予定者の一人に「教育基本法の改正を一つのきっかけとして、もう一度教育のあり方を見直す」などと改正案賛成の発言内容メモを渡していたことがわかった。また、04年和歌山市の「教育改革タウンミーティング」では、個人的に参加を申し込んでいた県教委・和歌山市教委職員(当時)の4人が内閣府から事前に依頼されて発言したこともわかった。

 この問題に対し、内閣府は「タウンミーティング調査委員会」を立ち上げている。しかし、調査報告発表の日程は「未定」となっている。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…