不登校新聞

321号(2011.9.1)

わが家の場合「忘れもしない9月2日」

2013年08月05日 14:55 by kito-shin



焦らずに、見守りたい

 あれは忘れもしない、中学1年生の夏休み明けの9月2日。
 
 娘が「今日どうしても行けない」と言うので、夏休み疲れもあるのかと、気にもせず休ませました。それから、長い不登校人生が始まりました。夏休みには、はやばや宿題を終えて、ところがどうしても昼と夜の生活が逆転してしまったようでした。

 私のほうもひとり親で仕事仕事に明け暮れ、夜遅くまで働いたり、ストレス解消といって飲み会など開いてやっていました。

 やはり最初は驚きまして。一番いけなかったのは手をあげていたこと。また、無理に学校に連れていったこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと話すとホントに疲れる」不登校の子の母と校長のバトルレポート

492号 2018/10/15

不登校の親3人が語る わが子の不登校どう向き合ったか

491号 2018/10/1

息子の不登校を責められて 折れかけた心を救ってくれたもの

488号 2018/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...