不登校新聞

321号(2011.9.1)

わが家の場合「忘れもしない9月2日」

2013年08月05日 14:55 by kito-shin



焦らずに、見守りたい

 あれは忘れもしない、中学1年生の夏休み明けの9月2日。
 
 娘が「今日どうしても行けない」と言うので、夏休み疲れもあるのかと、気にもせず休ませました。それから、長い不登校人生が始まりました。夏休みには、はやばや宿題を終えて、ところがどうしても昼と夜の生活が逆転してしまったようでした。

 私のほうもひとり親で仕事仕事に明け暮れ、夜遅くまで働いたり、ストレス解消といって飲み会など開いてやっていました。

 やはり最初は驚きまして。一番いけなかったのは手をあげていたこと。また、無理に学校に連れていったこともありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...