不登校新聞

207号 2006.12.1

衆院で教基法改正案が強行採決

2015年12月14日 14:50 by nakajima_
 06年11月16日衆議院本会議において、教育基本法改正案が、野党欠席のまま、単独採決が強行された。11月22日には審議拒否を続けてきた野党側が復帰し、参院教育基本法特別委員会において実質審議がスタート。与党側は12月15日の会期内に成立させる意向で、一週間程度の小幅延長も視野に入れている。

 1947年の法定化以来、初となる教基法の全面改定に対し、多くの市民・識者から反対の声が挙がっている。

 「教育基本法の改悪を止めよう! 全国連絡会」は、11月21日、衆院本会議の強行採決を受け、緊急アピールを出した。アピールによると、臨時国会ではいじめ自殺問題や高校での未履修問題などに議論が集中し、法案自体の重要な論点が議論されていないこと、「やらせ問題」が発覚したタウンミーティング(メモ参照)など「主権者の合意形成のプロセスにはきわめて大きな問題がある」「心から怒りを持って抗議します」と教基法の強行採決を批判した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...