不登校新聞

207号 2006.12.1

自相と学校の連携は誰のため?

2015年12月14日 14:53 by nakajima_


 現在、7歳になるわが子が不登校になったのは、昨年05年の12月。学校で遊んでいるときに誤って、全治3カ月の怪我を負ってしまったのだ。その後、子どもは「学校がこわい」というので、子どもの不登校を家族で受け入れていた。

 今年の5月、養育のことで話があると児童相談所の職員が家を訪ねてきた。くわしく聞くと、「学校に行っていないという通報を受け、児童虐待防止法に違反しているおそれがある」ということであった。医者からの診断も受け、学校にもきちんと診断書を提出していたにもかかわらずである。驚いたことに、児童相談所は子どもが通う病院名や担当主治医の名前まで知っていた。そのことを知っているのは、診断書を提出した学校のみ。しかし、学校側からは何の謝罪もなく、「とにかく登校しろ」という一点張りであった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...