不登校新聞

207号 2006.12.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

2015年12月14日 15:52 by 匿名
2015年12月14日 15:52 by 匿名

 最近は、甘栗も皮をむいて売っている。私もよく食べているが、あれは中国で一つひとつ、人が手でむいているそうだ。皮をむいてあるのは便利だが、自分で皮をむいて食べると、なんだか食べることに全身の気が向くようで、静かな充足感がある。

 おしゃべりを楽しみながらの食事もいいだろうけど、ときには、食べていることだけに集中しているというのも、なかなかいいなと思う。自分の動物的な部分が充足している感じがするのだ。とくに木の実を食べてたりすると、鳥にでもなったような気分がする。
 それで思い出したが、週刊『モーニング』で連載している「とりぱん」は、なかなかイケてるので、おすすめ。(大阪通信局・山下耕平)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…