不登校新聞

207号 2006.12.1

ひといき 山下耕平・石井志昂

2015年12月14日 15:52 by nakajima_

 最近は、甘栗も皮をむいて売っている。私もよく食べているが、あれは中国で一つひとつ、人が手でむいているそうだ。皮をむいてあるのは便利だが、自分で皮をむいて食べると、なんだか食べることに全身の気が向くようで、静かな充足感がある。

 おしゃべりを楽しみながらの食事もいいだろうけど、ときには、食べていることだけに集中しているというのも、なかなかいいなと思う。自分の動物的な部分が充足している感じがするのだ。とくに木の実を食べてたりすると、鳥にでもなったような気分がする。
 それで思い出したが、週刊『モーニング』で連載している「とりぱん」は、なかなかイケてるので、おすすめ。(大阪通信局・山下耕平)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...