不登校新聞

206号(2006.11.15)

第6回 「いじめ」とインターネット

2015年12月15日 14:41 by nakajima_
 

連載「親の気持ち子の思い」

 
 私はとてつもない機械オンチ。コンピューターなんて私には別世界のこと。この原稿もいまだに手書き。ワープロさえ使えない。そのために誤植(この漢字ももはや死語?いまは変換ミスというのだろうが……)も多くなって、迷惑をかけている。

 本紙でも、11月1日号の第5回「親の気持ち・子の思い」の見出しが「国が『基本法』をしくじるとき」となっているけれど、私が書いたのは「国が……をいじくるとき」だ。掲載紙をいただいてすぐ気づいたが、編集部にも連絡しなかったのは、「しくじる」の方がおもしろいかもと思ったのである。

 今回、言いたいことはそのことではない。私はブログもインターネット上のトラブルも、体験として知らないということだ。そして、そういうことがらみの「いじめ」の相談が多くなって、いろいろ思うことがあった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...