不登校新聞

206号(2006.11.15)

我が家の場合「ニワトリと息子たち」

2015年12月15日 14:53 by nakajima_
 
 息子たちの登校拒否を語るには、切っても切れない動物がいる。長男が小学校1年生だったときの担任の先生は、チャボのひよこをなんと教室のなかで飼っていた。チャボの餌や糞の世話から、散歩に連れ出したり、ヒナが生まれたり……、今から思えぱなんと素晴らしい総合教育だったろうと思う。しかし、チャボとの生活は2年生までで、3年生になって担任が替わるとチャボは学校で飼えなかった。すると息子は「家でチャボを引き取り飼いたい」と言い出した。それを聞いて、「じゃあ、世話は子どもたちみんなでやるのだよ」「元気な有精卵が食べられる」とか想像したが……。

 あれから15年、チャボたちは小さな庭を闊歩するまったくの「庭トリ」になってしまった。狭い庭にそれでもと植えた野菜も花も片っ端から食べられてしまうし、こう長くいっしょにいると家畜というよりペットになり、卵はいただけても「お客さんに出すごちそうチキン」として食べることはできなくなってしまった。そして、3人の息子たちは、ヒナの誕生にそれぞれさまざまの体験をしてきた。それがどういうわけか、中1のころにやってきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...