不登校新聞

206号(2006.11.15)

読者アンケート「強まる登校圧力」

2015年12月15日 14:58 by 匿名

親の会の必要性を


 学校をとりまく現状が自分の中で整理され、子どもたちをどのように助けていったらいいかが分かり、とても勇気づけられました。

 学校では表沙汰にならない、小さなことまでふくめれぱ、日々、子どもは教師、友だちから傷つけられています。親こそがしっかりした視点を待ち、子どもたちを支えることが大切であり、そのための親の会の必要性を認識しました。私も身近なところから、親同士のつながりを広げていこうと思います。(東京都・女性)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

540号 2020/10/15

ひといき

540号 2020/10/15

森の喫茶店 第540号

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。