不登校新聞

206号(2006.11.15)

読者アンケート「強まる登校圧力」

2015年12月15日 14:58 by 匿名

親の会の必要性を


 学校をとりまく現状が自分の中で整理され、子どもたちをどのように助けていったらいいかが分かり、とても勇気づけられました。

 学校では表沙汰にならない、小さなことまでふくめれぱ、日々、子どもは教師、友だちから傷つけられています。親こそがしっかりした視点を待ち、子どもたちを支えることが大切であり、そのための親の会の必要性を認識しました。私も身近なところから、親同士のつながりを広げていこうと思います。(東京都・女性)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

562号 2021/9/15

森の喫茶店 第562号

562号 2021/9/15

編集後記

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...