不登校新聞

206号(2006.11.15)

フリフェス ”手ごたえを形にしたい”

2015年12月15日 15:03 by 匿名
2015年12月15日 15:03 by 匿名
 

 今回はそのなかの一つ、11月23日に埼玉県で開催される「フリースクールカムカムフェスティバル」の実行委員長を務める浅岡佑輔くんに、今回の意気込みを踏まえ、長年フリースクールに通ってきたなかで感じることや考えたことについて執筆していただいた。

 はじめまして。「フリースクールカムカムフェスティバル」(通称"カムフェス”)の実行委員長の浅岡佑輔です。

 まずは簡単に、カムフェスの紹介をさせてもらいます。2002年、2003年に廃校になった学校の校舎を借りて、いろいろなフリースクールが集まって文化祭を行ないました。それが「フリースクールカルチャーフェスティバル」(通称"カルフェス”)です。

 そのカルフェスが今回、地方別に7カ所で開催することになりました。そこで、私たちは埼玉開催のフェスティバルを"カムカムフェスティバル”(以下・カムフェス)と名付けました。カムフェスではどんなことをするのかといいますと、自分たちでつくった、食べ物やアクセサリーなどでのお店を出したり、バンドやコーラスなどのステージパフォーマンス、作品展示など、さまざまなイベントを行ないます。

 さらに、今回は全国のフリースクールに向けてアンケート調査に協力してもらい、その集計結果をもとにシンポジウムを行ないます。
 
 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…