不登校新聞

206号(2006.11.15)

ひといき 多田耕史・小熊広宣

2015年12月15日 15:34 by nakajima_
 
 私はいままで数々の芸能人に出会ってきた。松坂屋というデパートでお昼に「カトレヤミュージック」というラジオの公開放送をしていたのだが、それをよく見に行っていた。

 ゲストの歌手の歌をナマで聴けるし、そのうえタダで見られる。運がいいときは帰りをご一緒することもあり、握手までしてもらうこともよくあった。いまでは番組がリニューアルしてしまい、そのチャンスもなくなってしまったが、今年は子どもセンター「パオ」の設立記念イベントで名古屋で大活躍しているタレントの矢野きよ実さんと知り合った。ほんわかした雰囲気の、気さくでとても魅力的な人だと思った。 (名古屋支局・多田耕史)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...