不登校新聞

204号 2006.10.15

ひといき 多田耕史・小熊広宣

2015年12月16日 14:32 by nakajima_
 

 いったいどうしたことか。何を血迷ったのか。母が突然「フラダンス」を始めてしまったのだ。健康にもいいということで、毎週日曜日になると教室を開き、そこに通っている。なんでも「プワ・カーネーション」なる中年のご婦人方のグループをつくって、老人ホームで発表会を開いたりしている。ドレスも自分たちでつくってしまうというのだから、その思い入れはハンパじゃない。みっともねえからやめてくれと懇願しているのだが、私の人生をお前に左右されたくないねと返されてしまう。それももっともな話しだが、しかし、まいったなあ。(名古屋支局・多田耕史)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...