不登校新聞

204号 2006.10.15

小6女児自殺 「自殺の原因はいじめ」と認める

2015年12月16日 14:34 by nakajima_
 北海道滝川市で、小学校6年生の女児(当時)が自殺した問題で、当初、いじめに「原因が特定できない」としていた滝川市教育委員会が、自殺発生後から約1年経った、06年10月5日になって自殺の原因は「遺書をふまえ、いじめである」とし、遺族に謝罪した。

 昨年05年9月、滝川市の小学校の教室で小学6年生の女児が首を吊っていたのを同級生が発見した。教室には7通の遺書が残され「『キモイ』と言われて、とてもつらくなりました」などの内容がつづられていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...