不登校新聞

204号 2006.10.15

【公開】 メモ「いじめ自殺」

2015年12月16日 14:36 by nakajima_
 
 毎年、文科省は「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」で、いじめが原因による自殺件数を調査している。それによると、過去10年間でいじめが原因で自殺した生徒数は4名(児童生徒の自殺者数は1403名)。ここ7年間は、いじめ自殺者数0件を記録している。また、教師らによっていじめを解決した「いじめの解消率」も統計が取られており、毎年90%前後を推移している。この統計は、教員による記述をもとにしており、以前から信頼性を疑う声もあがっている。

 また、遺書などによっていじめを苦にした事実がうかがわれても、学校側がいじめと自殺との因果関係を認めるケースは少ない。

 99年、栃木県鹿沼市で当時15歳の臼井丈人くんが自殺した問題で、両親が市やいじめていた生徒を訴えていたが、05年9月、宇都宮地裁はいじめ事実を認定したものの、いじめと自殺との因果関係を認めなかった。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...