不登校新聞

204号 2006.10.15

第12回 人間は、社会は、変容可能

2015年12月16日 14:43 by nakajima_
 

連載「居場所」


 結空間「めだかの家」は、子どものための電話ボランティアをしていた友人と「誰でも居場所として使えるようなものをつくろう」と、ちょうどそのとき、満期になった私の保険金を元手に家を借りて始めたものです。私は公務員をしながらの出発でした。ところがその友人は癌に侵されたった半年で3歳の子どもを残し帰らぬ人となってしまいました。その後、不登校を越えた大きな問題を抱えた子どもと関わることになり、昼夜を問わない対応が必要とされ、仕事も辞めました。さいわい私の役割の重要性やスキルを理解してくださって補助金をくださる所を紹介していただいたり、サイト作成をただで引き受けてくださる方などのおかげでなんとか今まで続けてこられました。ありがたいことだと思っています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...