不登校新聞

204号 2006.10.15

第4回 本当のことを言ってる?書いてる?

2015年12月16日 14:52 by 匿名

連載「親の気持ち子の思い」 

 
 今年06年の4月末ごろ、新聞各紙に少年犯罪が増えたという記事が載った。昨年、東京都板橋区で起きた15歳の少年による両親殺害事件、東京都町田市での16歳少年による女子高生殺害事件を取り上げ、「殺人増え67人に――昨年の少年犯罪統計」と見出しを立てた新聞もある。

 忙しい生活の中で、新聞の見出しのみ読むという人もいる。これでは、少年による殺人事件は「増加している」と思いこんでしまう人もいるだろう。事実、少年による殺人事件は2004年には57件、2005年には67件だから、10件増えたということになる。それは、率にすれば大変な増加であるといえる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...