不登校新聞

204号 2006.10.15

声「休みたかったら…」

2015年12月16日 15:04 by 匿名
 
「休みたかったら、休んでいいよ」

 学校に行きしぶる子どもに、「休みたかったら、休んでいいよ」と言ったとき、母親は「学校に行かなくてもいいから、行くか、行かないかを自分で決めなさい」と言ったつもりの場合が多いです。母親は、学校に行きしぶる子どもに学校に行かないことを認めようとしたつもりでいます。それは、子どもが「学校に行かないことを認める」のではなく、子どもが「学校に行くと言って行かないのは認められないけれど、行かないと言って行かないなら、その事実を母親は認めよう」とするのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

553号 2021/5/1

森の喫茶店 第553号

553号 2021/5/1

ひといき

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...