不登校新聞

204号 2006.10.15

NPO法人紹介「おばちゃんち」

2015年12月16日 15:22 by nakajima_
 「たがいに支え合い、ともに育ちあって暮らす街を」。NPO法人「ふれあいの家 おばちゃんち」は、赤ちゃんから高齢者までが世代を越えて触れあえる街づくりを品川区で目指すNPOだ。

 代表者は37年間、学童保育や児童センターの職員として子育てをサポートしてきた渡辺美恵子さん。渡辺さん自身、ちいさいときに近所のおばちゃんに育てられ、自分の子育てのときも、近所のおばちゃんに助けられた思い出がある。行政の力だけでなく「地域のなかで人が育つという、つながりをつくりたい」、そんな思いから、2002年9月、この「おばちゃんち」の活動がスタートした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...