不登校新聞

203号 2006.10.1

かがり火 森英俊

2015年12月17日 14:36 by nakajima_
 
 日の丸に向かっての起立と君が代斉唱を学校で強制することが「違憲」というはじめての判決が出た。
 
 都立高校などの教職員が東京都と都教育委員会を相手に、起立・斉唱を入学式や卒業式で強要することは、憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして訴えていた裁判で、東京地裁は国旗国歌の強制は許されないとして、起立や斉唱をしないことを理由とした都の処分を禁じた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...