不登校新聞

203号 2006.10.1

第11回 笑顔に支えられて17年

2015年12月17日 14:51 by nakajima_
  

連載「居場所」 

 
 ブルースカイは1990年5月に不登校で悩んでいるお母さんたちが「何かホッとする居場所がほしいね」……というつぶやきからスタートしました。

 長男の不登校で悩んでいた私も発足準備から関わりました。メンバーは悩みのまっただなかのお母さん5人でした。「なんとか安心していられる居場所をつくりたい」「同じ思いの人たちと語る場がほしい」思いおこせば居場所の準備で集まるたびにメンバーに笑顔が戻ってきたことを思い出します。しかし、みんなが集まれる場所を探すのは容易ではありませんでした。お金のない私たちは無料で貸してくださるところをと思い、歩きまわりました。しかし、「なんで学校にも行ってない子どもたちに貸すことができるのか」と、なかなか理解を求めるのは難しかったです。それでも、親身になって動いてくださった児童相談所の相談員さんのおかげで今も利用させていただいている、長野障害者センターの一室と体育館をお借りできることになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...