不登校新聞

203号 2006.10.1

声「気分を大切に」

2015年12月17日 15:03 by nakajima_
 
 不登校について少し考えてみました。不登校をしている子どもの本心はたんなる「反応」なんだろうと思っています。理性と知識で不登校をとらえようとするから、また「本心」と「理性」を区別して考えてしまうから、「どう対応するか」などの方法論だけが先走ってしまうのではないでしょうか。たんなる「反応」をする「未熟な人間」をどうコントロールするのか、という学校システム自体が、いま、根本的に問われているのだと思います。

 私は、本心も、理性も知識もごっちゃにして、子どももおとなもみんなが「気分」を大事にされていないのだと思っています。すこし説明します。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...