不登校新聞

203号 2006.10.1

Q&A「やりたいこと」をやらせればいい?

2015年12月17日 15:13 by nakajima_


 Q. わが家の娘は中2の3学期から不登校気味でした。「学校へ行きたいので送って」というので毎朝、車で送ったこともありますが、じょじょに教室に入れなくなり、保健室で過ごすようになりました。まもなく保健室登校も断続的になり、フリースクールにも通い始めました。しかし、今年9月に入って「このままではニートになる」と言い出し、受験をするようです。本人が受験したいというので応援していくつもりですが、自分で言うわりに勉強が手につかず、最近ではイライラがひどく眠れなかったりと体調も優れずに不安です。どうしたらいいでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...