不登校新聞

205号 2006.11.1

諮問機関「教育再生会議」初会合

2015年12月21日 11:52 by nakajima_
 06年10月18日、教育改革の具体策を検討する安倍首相の諮問機関「教育再生会議」(座長・野依良治理化学研究所理事長)の初会合が開かれた。

 会議冒頭、安倍晋三首相は「21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、美しい国づくりを実現するため、幅広い視野から教育再生のための抜本的な施策を検討していただきたい」とあいさつした。また「教育再生の最終的な大目標は、すべての子どもに高い学力と規範意識を身につける機会を保障すること。公教育の再生や家庭・地域の教育力の再生が重要」と話し、具体的には「学力の向上を図る方策」「規範意識や情操を身につけた『美しい人づくり』のための方策」「誰もが『家庭、ふるさと、このすばらしきもの』と思えるよう、地域ぐるみの教育を再生するための方策」の3つの方策を検討事項として挙げた。この日の会議では委員17名、それぞれが発言。「心の教育の向上」「家庭教育の再生」「教育改革の推進」を求める声が相次いだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...