不登校新聞

205号 2006.11.1

いじめ自殺緊急連絡会議

2015年12月21日 11:55 by nakajima_
 北海道滝川市、福岡県筑前町でいじめを受けていた児童生徒が自殺した問題で、10月19日、文科省は、各都道府県、政令指定都市の生徒指導担当を招集し、緊急連絡会議を開いた。文科省はいじめ問題への取り組みの徹底を呼びかけ、適切ないじめ発生件数の報告やいじめる生徒への出席停止を含めた「毅然とした態度」などの対応を求めた。

 緊急連絡会議では、北海道滝川市と福岡県筑前町の実地調査報告、高知県や佐賀県など他県の取り組み事例の報告などが行なわれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...