不登校新聞

205号 2006.11.1

いじめ自殺緊急連絡会議

2015年12月21日 11:55 by 匿名
 北海道滝川市、福岡県筑前町でいじめを受けていた児童生徒が自殺した問題で、10月19日、文科省は、各都道府県、政令指定都市の生徒指導担当を招集し、緊急連絡会議を開いた。文科省はいじめ問題への取り組みの徹底を呼びかけ、適切ないじめ発生件数の報告やいじめる生徒への出席停止を含めた「毅然とした態度」などの対応を求めた。

 緊急連絡会議では、北海道滝川市と福岡県筑前町の実地調査報告、高知県や佐賀県など他県の取り組み事例の報告などが行なわれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...