不登校新聞

205号 2006.11.1

第5回 国が「基本法」をしくじるとき

2015年12月21日 12:09 by nakajima_

連載「親の気持ち子の思い」


 講演で学校に呼ばれることが多い。「主催者」がPTAであることも、教員であることも、校長会であることもある。私の立場の「いいかげんさ」を示していると思う。

 どこでもこのごろよく「朝ご飯を食べてこない子がいる」「朝ご飯を食べている子と食べていない子のあいだには学力の差が出る」などのあいさつが、主催者側からある。あるいは「食事の重要さが叫ばれる会」などのことばもある。

 そういえばここ2、3年、教育の集まりで「食育」ということばを耳にする。2005年6月の国会で成立し、7月から施行された「食育基本法」がその元になっていると思われるが、この基本法はその目的、成立背景などの捉え方に重大な問題を含んでいると、私は思う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...