不登校新聞

205号 2006.11.1

声「疲れている先生」

2015年12月21日 12:37 by nakajima_


 うちの娘は中学生で、一度も中学には行かずに自宅で育っており、まさしく不登校です。

 先日渡された通知書には99日が欠席、備考欄には「体調不良99」と書いてあり、病欠扱いでした。

 不登校の数字に載せないことで、報告や指導という先生の負担は軽減され、わが家はほっておいていただけるのでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

兄弟そろって不登校になったので、毎日が不安でたまらなかった

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...