不登校新聞

205号 2006.11.1

声「疲れている先生」

2015年12月21日 12:37 by nakajima_


 うちの娘は中学生で、一度も中学には行かずに自宅で育っており、まさしく不登校です。

 先日渡された通知書には99日が欠席、備考欄には「体調不良99」と書いてあり、病欠扱いでした。

 不登校の数字に載せないことで、報告や指導という先生の負担は軽減され、わが家はほっておいていただけるのでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

晴天の霹靂だった「孫の不登校」、葛藤のなかでつかんだ私の方針

519号 2019/12/1

「不登校は悪いことではない」孫の不登校で固まった祖母の決意

519号 2019/12/1

不登校解決に向けた親への助言が聞いててつらい理由と親の会の意義

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...