不登校新聞

205号 2006.11.1

声「疲れている先生」

2015年12月21日 12:37 by nakajima_


 うちの娘は中学生で、一度も中学には行かずに自宅で育っており、まさしく不登校です。

 先日渡された通知書には99日が欠席、備考欄には「体調不良99」と書いてあり、病欠扱いでした。

 不登校の数字に載せないことで、報告や指導という先生の負担は軽減され、わが家はほっておいていただけるのでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校は無理せず休ませて」と言われるけど、社会から切り離されそうで怖い

504号 2019/4/15

何度も失敗して見えてきた、ひきこもりの息子に寄り添う方法

503号 2019/4/1

「登校すると体にじんましん」小1から不登校の息子が求めていたのは学び

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...