不登校新聞

205号 2006.11.1

シューレ大学 国境を越えた映像交流イベント

2015年12月21日 12:40 by nakajima_
 06年11月20日、シューレ大学がオルタナティブな教育団体の若者たちがつくる映像祭を、国立東京博物館で開催する。今回は実行委員の石本恵美さん、坂本ゆいさん、長井岳さんに、開催の経緯やイベントへの思いをうかがった。

 シューレ大学では例年、「公開イベント」を開催している。公開イベントでは、学生が日々の研究の成果や、映像・演劇などの表現活動を発表する場で、シューレ大学の理念や活動を発信する機会となっている。しかし、今回の「映像イベント」は、今まで手づくりで行なわれてきた「公開イベント」とは、ややおもむきが異なるという。「今回の映像イベントでは、今まで以上に、観客を意識したイベントにしていこうと話しあっています。会場も東京国立博物館という非常に有名な場所なので、不登校やNPOにくわしくない人ともつながれるようなイベントにしていきたいと思います(石本)」。

 イベントのタイトルは「閉塞感のある社会の中で、生きたいように生きる」。「ふだん、私たちがシューレ大学で考えているテーマを、よりはっきりとお客さんに投げかけたいと思いました(坂本)」と言うように、日ごろ学生たちが切実に考え、議論していることをテーマに据えた。

 他国の人と

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...