不登校新聞

202号 2006.9.15

概算要求 不登校対策は自立支援に重点

2015年12月22日 12:38 by 匿名
 06年8月末、文科省が来年度概算要求をまとめた。
 概算要求によると、不登校・問題行動への対応についての概算要求額は約63億円(今年度予算額は48億円)となった。

 新規政策として不登校、暴力行為、いじめ、児童虐待、高校中退の「未然防止、早期発見・早期対応」を目的とした「問題を抱える子ども等の自立支援事業」が盛り込まれた。これまで不登校対策のネットワークづくりなどをおもに進めてきたスクーリングサポートネットワーク事業と問題行動を起こす子どもに対する連携推進事業が終了し、この自立支援事業によってあらたなシステム構築が進められる。概算要求額は約14億円。全国250地域の市町村教委などが調査研究にあたる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...