不登校新聞

202号 2006.9.15

概算要求 不登校対策は自立支援に重点

2015年12月22日 12:38 by 匿名
2015年12月22日 12:38 by 匿名
 06年8月末、文科省が来年度概算要求をまとめた。
 概算要求によると、不登校・問題行動への対応についての概算要求額は約63億円(今年度予算額は48億円)となった。

 新規政策として不登校、暴力行為、いじめ、児童虐待、高校中退の「未然防止、早期発見・早期対応」を目的とした「問題を抱える子ども等の自立支援事業」が盛り込まれた。これまで不登校対策のネットワークづくりなどをおもに進めてきたスクーリングサポートネットワーク事業と問題行動を起こす子どもに対する連携推進事業が終了し、この自立支援事業によってあらたなシステム構築が進められる。概算要求額は約14億円。全国250地域の市町村教委などが調査研究にあたる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…