不登校新聞

202号 2006.9.15

女子大生殺害裁判 情状鑑定を実施

2015年12月22日 12:44 by nakajima_
 愛知県岡崎市の路上で2002年6月、大学生の女性(当時19歳)が帰宅途中、刺殺された事件で、2005年8月逮捕された当時17歳高校3年生だった男性(21歳)に対する殺人被告事件の第5回公判が8月28日名古屋地裁岡崎支部で開かれた。

 男性は、小・中・高校を通して学校も休まず、非行や問題行動もまったくなく、家族も含めて周囲の人にはおとなしくてまじめな子どもと見られていた。男性は事件発生後の翌日以後も変わりなく高校に通学し、卒業後に就職した。2005年4月には短期大学に入学、養護教諭を志したが、事件後3年あまり経過して逮捕された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...