不登校新聞

202号 2006.9.15

第2回 友達がいなければダメ?

2015年12月22日 12:54 by nakajima_
 

連載「親の気持ち子の思い」 

 
 私には今年29歳になった一人息子がいる。小、中、高、大と、とことん勉強嫌いで親を悩ませ、バイクが好きで親を不安がらせた。しかし、理学療法士になりたいといって、25歳から急に勉強をはじめた。いま、専門学校の4年生。30近くなって、まだ学生の身だ。

 この息子が中学校1年生のときに大変な反抗期で、朝から母親である私をにらみつけ、あいさつはおろか、1日中ほとんど口を聞かなかった。何を言っても何を聞いても返ってくる言葉は「別にー」「だってー」「うっせえなー」だけ。

 そんな彼がある日、青い顔をして、目をひきつらせ、私のほうにまっすぐ歩いてきた。バスケットボールをやっていて、身長はすでに私を越していた彼に、私は「殴られる」と直感した。まったく子どもを信用していないのである。今日は夫もいないし、あんな大きな図体で殴られたらたまらないと思った私は、息子が近づいてきたとき、ちょっと横に逃げた。息子は殴らなかった。そして、私の横をすり抜けるとき、一言、低い声で言った。

「友だち、できねぇー」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...