不登校新聞

202号 2006.9.15

声「表現の場をつくりたい」

2015年12月22日 13:08 by nakajima_
 
 人間はもともと特別な「心」を持って生まれてきた動物。だから、生きるのが息苦しく感じることもあるし、弱さがにじみ出てくる瞬間もある。今の俺がそうだ。ひきこもりの俺が、最近、過去にないほど息苦しさを感じるようになった。ひきこもりはダメ人間ではないと思うし、世間一般の価値観ほどつまらないものはないと思う。だから、後ろ向きな方向で苦しんでいるわけではなく、心のどこかに「このままじゃいけない」「自分を変えたい」という前向きな思いがあるからこその苦しみなんだと思う。このままじゃいけないのは、わかっている。ただ、一歩踏み出す勇気が今の俺にはない。俺みたいな人が全国にどれぐらい存在するのか定かではないが、同じようにモヤモヤした気持ちを日々コントロールするのに苦労しているのではないかと思う。どうしたらいいのか考えていたのだが、最近では、ひきこもり当事者のためのフリーペーパーをつくるのはどうかと、思っている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...