不登校新聞

202号 2006.9.15

声「また命を落とす人が…」

2015年12月22日 13:11 by nakajima_


 報道をご覧になった方もたくさんいらっしゃると思いますが、わたしの実家からも近い瀬戸内海に浮かぶ島で8月末、中1の男の子が自殺しました。じつは先月、帰省したときに、フェリーに乗って子どもたちとこの島へ泳ぎに行ったばかりだったんですよ。とても美しい島です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

520号 2019/12/15

かがり火

520号 2019/12/15

ひといき

520号 2019/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...