不登校新聞

319号(2011.8.1)

登校拒否・不登校を考える全国合宿・高知開催

2013年08月05日 12:18 by kito-shin
2013年08月05日 12:18 by kito-shin

全国の親・子どもが交流




 7月23日~24日にわたり、「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿2011in知」が開催され、およそ280名が参加。「全国子ども交流合宿2011in知」も同時開催された。
 
 子ども・若者シンポジウムの第1部では、16歳、19歳、23歳の子ども・若者がシンポジストを務めた。不登校のきっかけや、不登校をしていて気づいたことなど、各々の言葉で語った。第2部では、勝山実さんが登壇。当事者が安心して家でひきこもれるためには「家に母親の友人を招いてはいけない」など、自らの体験を織り交ぜた独自の言いまわしで、会場からの大きな笑いを誘った。
 
 盛会のうちに幕を下ろした全国合宿、来年は北海道にその地を移す。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…