不登校新聞

202号 2006.9.15

登校拒否を考える夏の全国合宿in長野 子ども・若者シンポジウム抄録

2015年12月22日 15:01 by nakajima_


今回は、長野で開催された全国合宿における子どもシンポジウムでの、ひきこもり経験者を交えた4人の語りを掲載する。

知らなかった親って大変だ


 小学校3年生のとき、担任にからかわれたことをきっかけに、クラスメートからのイジメが始まりました。バイ菌扱いされたり、死んだ金魚を机のなかにいれられたり。それで学校には行かなくなりました。その時、父は何も言いませんでしたが、母には包丁を持って追っかけられたこともありました。担任は「どうしてこないんだ」と何度も家庭訪問をくり返していましたが、いっさい学校には行きませんでした。中学卒業後は親元を離れ、静岡にある看護の学校に通ったんですが、集団生活というものに抵抗があり1カ月で退学しました。その後長野の定時制高校に入り、その高校では勉強も友人関係も充実したので、毎日学校に行くようになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...