不登校新聞

202号 2006.9.15

登校拒否を考える夏の全国合宿in長野 子ども・若者シンポジウム抄録

2015年12月22日 15:01 by nakajima_


今回は、長野で開催された全国合宿における子どもシンポジウムでの、ひきこもり経験者を交えた4人の語りを掲載する。

知らなかった親って大変だ


 小学校3年生のとき、担任にからかわれたことをきっかけに、クラスメートからのイジメが始まりました。バイ菌扱いされたり、死んだ金魚を机のなかにいれられたり。それで学校には行かなくなりました。その時、父は何も言いませんでしたが、母には包丁を持って追っかけられたこともありました。担任は「どうしてこないんだ」と何度も家庭訪問をくり返していましたが、いっさい学校には行きませんでした。中学卒業後は親元を離れ、静岡にある看護の学校に通ったんですが、集団生活というものに抵抗があり1カ月で退学しました。その後長野の定時制高校に入り、その高校では勉強も友人関係も充実したので、毎日学校に行くようになりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私には不登校が必要だった」19歳女性がそう思う理由

530号 2020/5/15

ヤンチャやいじめが理由じゃない、僕の不登校

530号 2020/5/15

葬式代を稼いで死のう、絶望の中で生き抜く15歳の今

529号 2020/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...