不登校新聞

425号 2016/1/1

かがり火 森英俊

2015年12月24日 16:17 by kito-shin



 新年あけましておめでとうございます。この一年もまた子どもや若者をめぐる不登校やひきこもりの話題を中心に書いていきたい。

 さて正月はいったいいつ始まっていつまで続くのか考えたことがあるだろうか。一般的には元旦から三が日を正月と考える人も多いのかもしれないが、松の内といっても関東では正月7日まで、関西では15日まで正月飾りをかけておく。

 ちなみに寒の時期に出し遅れた年賀状や喪中の挨拶も松の内から立春(2月3日)のあいだに届くように出せばいい、という。あくまでも慣例なのだから、臨機応変に相手を気遣う気持ちを伝えることが大事ではないかと思う。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...