不登校新聞

425号 2016/1/1

かがり火 森英俊

2015年12月24日 16:17 by kito-shin



 新年あけましておめでとうございます。この一年もまた子どもや若者をめぐる不登校やひきこもりの話題を中心に書いていきたい。

 さて正月はいったいいつ始まっていつまで続くのか考えたことがあるだろうか。一般的には元旦から三が日を正月と考える人も多いのかもしれないが、松の内といっても関東では正月7日まで、関西では15日まで正月飾りをかけておく。

 ちなみに寒の時期に出し遅れた年賀状や喪中の挨拶も松の内から立春(2月3日)のあいだに届くように出せばいい、という。あくまでも慣例なのだから、臨機応変に相手を気遣う気持ちを伝えることが大事ではないかと思う。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...