不登校新聞

425号 2016/1/1

揺れる気持ち、自分に課した「4つの決め事」 母親に聞く不登校 

2015年12月25日 16:32 by kito-shin


 私には3人の子どもがいまして、長男が高校生、次男が中学生のときにそれぞれ不登校になりました。現在28歳になる長男は大学4年生、21歳になる次男はフリーター4年目と、それぞれの道を歩んでいます。
 
 私自身は、息子の不登校に悩んでいたときに出会った仲間と「六等星・不登校の子どもを持つ親の会」を2007年に立ち上げました。現在も毎月1回、名古屋市緑区で親の会を開いています。
 
 「俺の人生は終わった、終わりにさせられた」。不登校直後、次男がそう言いました。学校に行かなくなったのは中学1年生の11月、部活でのいじめが原因でした。2年生のあいだは行ったり行かなかったりをくり返していましたが、3年生は1日も通っていません。
 

ヒントだけでも探した結果…

 
 「この子はどんな気持ちですごしているだろう、ヒントでもいいから知りたい」との思いから「中学生 不登校 掲示板」とインターネットで検索していたある日、一つの書き込みに目が留まりました。
 
 さかのぼって読んでいくと、うちの子とそっくりな内容だったんです。しばらくして、これは次男だと気づきました。以前、夕食時に「どんなハンドルネームがいいか」という話題になったことがあり、そこで挙がった一つが使われていたからです。次男の本音を胸に留めておきたくてコピーを取りました。一部ご紹介します。中2の夏休みに入ったころの文章です。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...