不登校新聞

201号 2006/9/1

中学校の不登校率は増加 文科省学校基本調査速報

2016年01月06日 12:25 by kito-shin



 2006年8月10日、文科省が発表した学校基本調査速報によると、昨年度の「不登校」を理由とする長期欠席者数(年間30日以上)は12万2255人(前年度比1103人減)だった。4年連続で不登校者数は減少となったが、全児童生徒に占める割合は0・01ポイント減少の1・13%(89人に1人)となった。

 学校基本調査速報によると、小学校の在学者数は718万7428人で25年連続で減少、中学校の在学者数は360万1528人で20年連続で減少、どちらも過去最低となった(5月1日現在)。
 
 2005年度の「不登校」による長期欠席者は小学校が2万2709人で、全児童に占める割合は0・32%(昨年度と同様)、中学校が9万9546人で、全生徒に占める割合は2・75%となった(前年度比0・02ポイント増)。長期欠席者数の全体をみると、小学校で5万9052人、中学校で12万8562人、合計18万7614人(前年度比651人増)となった。
 
 今調査で過去最高を記録したのは、高校進学率97・7%(5年連続増)、大学・短期大学進学率52・3%(4年連続増)、大学院進学率12・1%(9年連続増)、大学院生数26万1038人(27年連続増)などで、例年と同じく、高学歴志向の高まりが見受けられる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...