不登校新聞

201号 2006/9/1

【公開】学校基本調査とは

2016年01月06日 12:34 by kito-shin


 文科省が毎年行っている学校基本調査は、例年8月上旬に速報が発表され、詳細は11月末~12月にかけて発表される。8月発表は、来年度予算の概算要求の必要から、学校基本調査では、小・中・高校にかぎらず、専修学校や大学まで含め、在学者数、教員数、入学者数、卒業後の状況などを割合とともに明らかにしているが、ここでは、不登校を中心に報道した。

 なお、1991年度報告より年間30日以上で長期欠席者数を調べているが、もともとは、1966年から年間50日以上で調査していた。それによると、1975年度から不登校は増加の一途をたどり、1999年度の調査から年間30日以上のみとなったが、2001年度まで27年間過去最高を更新し続けた。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...