不登校新聞

201号 2006/9/1

【公開】学校基本調査とは

2016年01月06日 12:34 by kito-shin
2016年01月06日 12:34 by kito-shin


 文科省が毎年行っている学校基本調査は、例年8月上旬に速報が発表され、詳細は11月末~12月にかけて発表される。8月発表は、来年度予算の概算要求の必要から、学校基本調査では、小・中・高校にかぎらず、専修学校や大学まで含め、在学者数、教員数、入学者数、卒業後の状況などを割合とともに明らかにしているが、ここでは、不登校を中心に報道した。

 なお、1991年度報告より年間30日以上で長期欠席者数を調べているが、もともとは、1966年から年間50日以上で調査していた。それによると、1975年度から不登校は増加の一途をたどり、1999年度の調査から年間30日以上のみとなったが、2001年度まで27年間過去最高を更新し続けた。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…