不登校新聞

201号 2006/9/1

【公開】学校基本調査とは

2016年01月06日 12:34 by kito-shin


 文科省が毎年行っている学校基本調査は、例年8月上旬に速報が発表され、詳細は11月末~12月にかけて発表される。8月発表は、来年度予算の概算要求の必要から、学校基本調査では、小・中・高校にかぎらず、専修学校や大学まで含め、在学者数、教員数、入学者数、卒業後の状況などを割合とともに明らかにしているが、ここでは、不登校を中心に報道した。

 なお、1991年度報告より年間30日以上で長期欠席者数を調べているが、もともとは、1966年から年間50日以上で調査していた。それによると、1975年度から不登校は増加の一途をたどり、1999年度の調査から年間30日以上のみとなったが、2001年度まで27年間過去最高を更新し続けた。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...