不登校新聞

201号 2006/9/1

ひさびさの親バカ

2016年01月21日 12:09 by kito-shin


 今年の8月、19歳になった娘マリはふたりの友人といっしょに長野を旅してきました。
 
 わたしの父が長野市稲里の出身で、親戚は長野中にいます。夏合宿が行なわれる松代には何回も行っていますが、娘は16年ぶりの長野でもちろん全然おぼえていません。日本語がわかるのは娘だけなのに、漢字の読み書きがどの程度できるのかわかりません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

兄弟そろって不登校になったので、毎日が不安でたまらなかった

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...