不登校新聞

201号 2006/9/1

ひさびさの親バカ

2016年01月21日 12:09 by kito-shin


 今年の8月、19歳になった娘マリはふたりの友人といっしょに長野を旅してきました。
 
 わたしの父が長野市稲里の出身で、親戚は長野中にいます。夏合宿が行なわれる松代には何回も行っていますが、娘は16年ぶりの長野でもちろん全然おぼえていません。日本語がわかるのは娘だけなのに、漢字の読み書きがどの程度できるのかわかりません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

496号 2018/12/15

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...