不登校新聞

201号 2006/9/1

ひさびさの親バカ

2016年01月21日 12:09 by kito-shin


 今年の8月、19歳になった娘マリはふたりの友人といっしょに長野を旅してきました。
 
 わたしの父が長野市稲里の出身で、親戚は長野中にいます。夏合宿が行なわれる松代には何回も行っていますが、娘は16年ぶりの長野でもちろん全然おぼえていません。日本語がわかるのは娘だけなのに、漢字の読み書きがどの程度できるのかわかりません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと話すとホントに疲れる」不登校の子の母と校長のバトルレポート

492号 2018/10/15

不登校の親3人が語る わが子の不登校どう向き合ったか

491号 2018/10/1

息子の不登校を責められて 折れかけた心を救ってくれたもの

488号 2018/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...