不登校新聞

426号 2016/1/15

6時に起きて23時に帰る小学6年生

2016年01月13日 15:34 by kito-shin


【巻頭コラム:かがり火】 年の暮れのある夜。都心と東京近郊をつなぐ電車。夜11時に近いけれど、朝のラッシュのような混雑だ。人々は疲れた顔をして、立っていても座っていても、一様に下を向いてスマホをいじっている。

 そこへ少年3人が乗り込んできて、私の前に立った。塾帰りだとすぐにわかった。「やっとゲームできるよ」「腹減った、部活が延びただろ。夕飯、持たされたけど食べるヒマなかった」「帰ってからまだ宿題あるな」「明日はまた6時起きだ」ゲームから寸時も手を離さずしゃべりあっている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...