不登校新聞

426号 2016/1/15

中学3年生手記  私の不登校~いじめ、別室登校、人間関係

2016年01月13日 11:48 by kito-shin



 私は学校に行く、行かないということを3度くり返しました。
 
 最初は中学1年の夏です。中学に入ってから、いじめにあっていました。小学校3年生のころ、ときどき受けていたいじめと、先生からの精神的体罰による傷が膿んで心を病みました。「学校なんてどうでもいい」と思った日のことはよく覚えていませんが、先生がいじめを無理やり解決させ、それ以降、さらにいじめがひどくなったのは覚えています。私は1学期の終りごろから「2学期からは来ない」とまわりに伝えていましたが、学校に行かなくなり始めたころは、学校に行かない自分をものすごく責めていました。この年の夏は、ほとんど記憶がありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校ってそんなに大事?」30代女性が語る不登校予備軍生活

486号 2018/7/15

空気を読んでハジけるなんて難しすぎる「不登校からのカラオケ克服計画」

486号 2018/7/15

【不登校とカラオケ事情】歌が上手でもオンチでも苦手傾向の理由

486号 2018/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

486号 2018/7/15

僕は本当に苦しかったとき、何も言葉にすることができなかった。でも今なら音楽...

485号 2018/7/1

不登校の未来を見据えた際になにが必要か。「子どもと学校制度のミスマッチをど...

484号 2018/6/15

2014年に解散したヴィジュアル系バンド『ν[NEU]』の元リーダーで、現...