不登校新聞

426号 2016/1/15

中学3年生手記  私の不登校~いじめ、別室登校、人間関係

2016年01月13日 11:48 by kito-shin



 私は学校に行く、行かないということを3度くり返しました。
 
 最初は中学1年の夏です。中学に入ってから、いじめにあっていました。小学校3年生のころ、ときどき受けていたいじめと、先生からの精神的体罰による傷が膿んで心を病みました。「学校なんてどうでもいい」と思った日のことはよく覚えていませんが、先生がいじめを無理やり解決させ、それ以降、さらにいじめがひどくなったのは覚えています。私は1学期の終りごろから「2学期からは来ない」とまわりに伝えていましたが、学校に行かなくなり始めたころは、学校に行かない自分をものすごく責めていました。この年の夏は、ほとんど記憶がありません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校が倍増する中1ギャップ 15歳当事者が語る「4月の学校」

480号 2018/4/15

学校にも家にも居場所のなかった私がフリースクールをつくるまで【Riz代表 中村玲菜】

480号 2018/4/15

どん底の時期、ラップのリリックに支えられた【不登校経験者手記】

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...