不登校新聞

201号 2006/9/1

ダーウィンの悪夢 映画評

2016年01月21日 14:37 by koguma



 本作品の舞台は、アフリカ東部に存在するヴィクトリア湖。九州の2倍という広大な面積を持つ湖の下には、多様な生態系が拡がっており「ダーウィンの箱庭」と称されていた。 
 
 しかし、半世紀前に「ナイルパーチ」という魚が放流されたことにより、その生態系が大きく変化してきている。
 
 体長2メートル、重量100キロを超す大型肉食魚「ナイルパーチ」は、「白スズキ」という商品名で日本にも多く輸入されており、白身魚フライや味噌漬けというかたちで、私たちの食卓にも並んでいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...