不登校新聞

201号 2006/9/1

ダーウィンの悪夢 映画評

2016年01月21日 14:37 by koguma



 本作品の舞台は、アフリカ東部に存在するヴィクトリア湖。九州の2倍という広大な面積を持つ湖の下には、多様な生態系が拡がっており「ダーウィンの箱庭」と称されていた。 
 
 しかし、半世紀前に「ナイルパーチ」という魚が放流されたことにより、その生態系が大きく変化してきている。
 
 体長2メートル、重量100キロを超す大型肉食魚「ナイルパーチ」は、「白スズキ」という商品名で日本にも多く輸入されており、白身魚フライや味噌漬けというかたちで、私たちの食卓にも並んでいる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...