不登校新聞

201号 2006/9/1

登校拒否を考える夏の全国合宿2006 長野で開催 約940名が参加

2016年01月21日 17:30 by kito-shin
 2006年8月19~20日、「登校拒否を考える夏の全国合宿」「全国子ども交流合宿」が長野市松代町で開催され、全国各地から約940名が参加した(大人740名、子ども200名)。この合宿は、登校拒否を考える全国ネットワークが毎年開催しているもので、今年で17回目。5年前から「フリースクール全国ネットワーク」と協力して開催している。
 
 子ども若者シンポジウム、「この人と語ろう」企画、テーマ別分科会、行政との連携についてや、医療をテーマとしたパネルディスカッション、多田元(本紙代表理事)講演「子どもを暴力から守る」など、2日間にわたって、さまざまな企画が催された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【イベント】不登校経験者が答える相談会 親がすべきこと、してはダメなこと

519号 2019/12/1

不登校・ひきこもりイベント情報

519号 2019/12/1

不登校・ひきこもりイベント情報

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...