不登校新聞

200号 2006/8/15

保護者会で聞いた「何があっても、人としてあかんことがあるやんか」

2016年03月24日 14:55 by kito-shin


【第1章・業界新聞】
創刊200号、おめでとうございます。創刊当初、ニュース・ステーションで紹介されていた業界紙「不登校新聞」。いつか不登校と向きあうときが来るだろう、そう思って翌朝、購読の申込をした。それから、ときは流れていった。

【第2章・幸せのとき】
「ほんま幸せ。めっちゃ幸せ。何回言ってもやっぱり幸せ!」。それが、学校を飛び出しフリースクールへ通いはじめた娘の当時の口ぐせだった。
 
 人生のなかで本当に信頼できる大人と出会い、生涯にわたって「先生とよべるのは、この人しかいない!」という師に出会った。また、親友ではなく、檄友に出会うなかで、大切なときを重ねていった。

【第3章・止まったままのとき】
わが家には小学6年生の娘がいる。不登校とは無縁だ。しかし、昨年5月、学級通信を見て「何かある」という勘が働いた。当の娘は楽しく学校に通っていたが、秋ごろ「いじめなんかなあ……」とこぼした。私は凍りついてしまった。止まったまま、どうすることもできなかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...