不登校新聞

427号 2016/2/1

少年院で読んだ文集、2人の母がいる少年

2016年01月29日 12:20 by kito-shin


巻頭コラム:かがり火

 年初め、少年院に少年を訪問する習慣を続けて25年目の今年、待合室で少年たちの作品集のなかに「母と母」という文に出会った。

 僕には母が二人いる。このことを知ったのは高1のとき。このときから、僕の中には二人の母が存在するようになった。急にオブラートに包まれたような気分だ。育ててくれた母が母ちゃんでなかったことが何だか淋しく思えた。僕にとって実母はもうあの人になってしまった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

オンラインイベント「世界一受けたい授業で伝えきてなかった事、お伝えします」開催&出演のお知らせ

552号 2021/4/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...