不登校新聞

427号 2016/2/1

少年院で読んだ文集、2人の母がいる少年

2016年01月29日 12:20 by kito-shin


巻頭コラム:かがり火

 年初め、少年院に少年を訪問する習慣を続けて25年目の今年、待合室で少年たちの作品集のなかに「母と母」という文に出会った。

 僕には母が二人いる。このことを知ったのは高1のとき。このときから、僕の中には二人の母が存在するようになった。急にオブラートに包まれたような気分だ。育ててくれた母が母ちゃんでなかったことが何だか淋しく思えた。僕にとって実母はもうあの人になってしまった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の偏見払拭のためにコレをします~各党の回答【衆院選2017】

468号 2017/10/15

いじめの解消に必要なことは~各党の回答【衆院選2017】

468号 2017/10/15

不登校の施策にはコレが必要です~各党の回答【衆院選2017】

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...